歯磨き粉

歯周病とは?

歯を磨こう

歯磨き粉を使わなければ罹ってしまうという歯の病気、歯周病。これは何が原因で起こり、どのような症状を呈するものなのでしょうか?基本的な事柄について、押さえておきましょう。

詳細を確認する

磨くこと

歯ブラシ

「誰もが背中合わせ」と言われる歯周病。これに対抗するためには、歯磨き粉を使って歯磨きをすることが大切です。ただ磨くだけではなく、「正しい歯磨き」をすることが、この病気から歯を守るための取り組みとなります。

詳細を確認する

天然ハーブ

歯周病になるのを防ぐ歯磨き粉。そこに含まれる成分として、最近「天然ハーブ」が注目を集めています。自然から採れる成分である天然ハーブ成分は、どのようにして病気から歯を守ってくれるのでしょうか。

詳細を確認する

ペースト

歯ブラシの種類

歯周病を防ぐために、ふだんから使えるアイテム。それは歯磨き粉だけではありません。しっかり磨いたあとの「ペースト」を使ったひと手間、実はこれが「病気にならない歯」を作りだすミソだったのです。

詳細を確認する

磨いて、守ろう

美しい歯に

大切な歯磨き

たとえば、「お母さんの決まり文句」みたいな大喜利のお題があったとしたら、私たちは懐かしい気持ち半分でいろいろなセリフを持ち寄ることが出来るでしょう。
「ちょっとお買い物行ってきて」という比較的おだやかなものから、「こらっ、ゲームばっかりしてないで勉強しなさい」というおだやかならざるものまで、それこそたくさんリストアップすることが出来るはずです。
その中でも、夜寝る前に聞くセリフとして、おそらく多くの人の耳の底に残っているのは、「ちゃんと歯磨きして寝なさいよ」というものでしょう。

これを書いている僕も、自分の母親が言うそのセリフを思いだすことが出来ます。セリフを口にするときのイントネーションや、これから寝ようとする子どもへの、ちょっとした慈しみを表明する目の優しさも。
そしてもちろん、「冗談で言ってるんじゃないんだよ」という真剣さも、そのセリフの端々から感じることは出来ました。
「ちゃんと歯を磨かないと、大変なことになっちゃうよ」という含みがあったのです。そして、母はいつも正しいのでした。

歯の病気

実際、歯を磨かなければ罹ってしまうという病気は、いろいろあります。代表的なのが、虫歯と歯周病。
特に後者の歯周病は、気をつけておかなければ口内環境の大惨事につながるというので、要チェックの病気です。

逆を言えば、きちんと毎日毎晩、歯さえ磨いておけば歯周病には罹りにくい口内環境をつくり上げることが出来るわけですが、人によっては面倒くさがりだったり、「今夜はいいや」などと何がいいのか勝手に決めて寝てしまったりと、いい加減に考えてしまうことがなくはない歯磨きという習慣……。
「徹底的に毎日毎晩歯を磨くのはめんどくさい」という人は意外と多いわけです。
ただ、ほかのどんなことは面倒くさいという理由で多少手を抜いていいとしても、やっぱり歯磨きだけはきちんとやったほうがいいのです。
かつてあらゆる人がお母さんに言われたように、歯をきちんと磨かなければ、「大変なこと」は必ず起きてしまうのですから。