> 歯医者

歯周病とは?

歯を磨こう

大変なこと

歯周病。同じく歯を舞台にして起きる不都合な「虫歯」と並べてみると、「病」という一文字のインパクトをもって存在感を放つ歯の病気。
「こいつはタダモノではない」という気持ちを、誰もがいだくことでしょうし、実際歯周病というのはナメてはいけない病気なのです。
虫歯だって「ヤバい病気」であることには変わりはないのですが、歯周病はその上をいくと言って過言ではありません。
何と言っても、この病気は知らないうちに忍び寄ってきて歯に襲いかかり、気づいたときには手遅れということすらある、恐ろしい習性を持っているのです。

あわてて気づいて歯磨き粉を使いはじめても、もう遅い……。そんな、絶望的な状況だってあり得るのです。

歯周病菌

歯磨き粉を使って歯を磨く。それをきちんとしている人は、歯がキレイです。1日の終わりに歯を磨くことは、歯についたままの汚れを落とすことだからです。お風呂に入って体を洗うのと同じです。
石鹸の泡をたてて体を洗い、垢を流すように、歯磨き粉をつけて歯を磨き、「歯垢」を落とす作業が行われるわけです。

歯垢は、よく言われるような「食べカス」ではありません。あの純白と言っていいほどホワイトな、ネバっとした気持ち悪い物質は細菌のカタマリ。
その最近に含まれているのが歯周病菌で、この菌は、歯磨き粉をつけた歯ブラシでこすり落とさなかった場合、歯にベッタリとこびりつき、やがて歯や、そのまわりの歯肉、歯茎まで溶かしてしまうという性質を持っているのです。
そう、歯周病とは、それを引き起こす「歯周病菌」による病気だったのです。
この細菌を退治することによって治療は可能ですが、逆に言えば、この細菌を退治せずに放っておくこと、つまり歯磨き粉を使った歯磨きをしないことによって、増長し、重症になってしまう病気なのです。