> 歯医者

天然ハーブ

清潔な歯に

「ハーブ」について

何となく、「天然ハーブ」と言っとけば素晴らしいものを紹介しているような気分になる、そんな感じがあります。
おびただしい数の人工物に取り囲まれている私たち現代人は、「天然由来の成分」とか、「ハーブ」とかいう言葉を聞くと、それだけでありがたがって、柏手を打ちかねない勢いなのです。

と、こんなふうに書くと何だかイヤミでも書いてるみたいな雰囲気がありますが、皮肉るのが目的ではありません。
むしろ、「天然ハーブってすごい!」と私たちはすなおにありがたがるべきなのです。柏手だって、打ちたい人は打っていただきたい。それだけの価値はあります。
さまざまな「有効成分」として知られる天然ハーブの中には、歯磨き粉に含まれ、「歯周病を防ぐ」という効果を持つものも、あるからです。それも、ひとつだけではありません。
何種類ものハーブが、それぞれの役割をもって歯磨き粉に含まれ、歯周病から歯を守ってくれるのです。

抗菌作用

天然ハーブは、もちろん「天然由来」ということで体にわるいものではなく、副作用などの心配は全然なし。アロマ的な効果のあるハーブも有名なので、印象的にもいいものです。
そんな「ハーブ」の中でも、特に歯周病を防ぐ効果のある歯磨き粉に使われているのは、「抗菌作用」を持ったハーブ。
歯周病は歯周病菌という「菌」が原因で起きるものですから、菌に対抗するという「抗菌作用」は、まさにドンピシャ。これを含んだ歯磨き粉が効くというのも、大いにうなずける話です。

歯磨き粉に含まれるハーブとして、抗菌作用を持つことで特に有名なのはマスティックというハーブ。
ギリシャで採れる「珍しいハーブ」であるマスティックは、その高い抗菌作用によって世界中から注目されているものなのです。