> 歯医者

ペースト

歯ブラシの種類

磨いたあとで

歯周病は、歯を中心に、こう言って良ければ口内環境をメチャメチャにしてくれる病気です。まさにシッチャカメッチャカ。
歯周病に蹂躙された人の口内は、まるで怪獣が暴れまわったあとの街のようです。歯は抜け、あるいは抜けかけ、歯茎が衰え、溶けて歯の根がむき出しになり、至るところに隙間があって……。
食事中には、あまり見たくない光景なのです。そうなってしまわないために、歯磨き粉を使ったしっかりとした歯磨きが欠かせないのですが、ここでは、歯磨き粉とともに使えるアイテムを紹介しましょう。
それが、「ペースト」と呼ばれているものです。

このアイテムは、その名の通りクリームよりは粘性のある薬剤で、歯磨き粉を使って歯を磨き、歯垢を取り除いたあとに使います。歯の表面に塗ってちょっと時間を置いて、水ですすいで落とすというシンプルな使い方。

歯を守る

1回の歯磨きを行うとき、歯磨き粉の役割は、歯垢をしっかりと絡めとり、歯の表面を磨き上げることでした。歯周病菌に対する抗菌作用を持つ成分などがあれば、予防としてはバッチリでした。
その上で使うペーストは、どういう役目を持っているのかというと、簡単にいえば以下のようなこと。

シンプルな言葉を選ぶのであれば、ペーストの役割とは、一度歯磨きが終わったあと、次の歯磨きまで、歯に汚れを寄せつけないこと。
歯周病は、歯周病菌が、歯に残った食べ残しから糖分を吸い上げて栄養素として成長することから進行する歯の病気。ペーストは、言わば歯にバリアを張り、余計な食べ残しが歯にくっつかないようにする役割を果たすのです。
歯磨き粉で汚れひとつないまっさらな歯に仕上げたあと、ペーストを使って歯を守る。これで、歯周病予防の網を二重三重にかけて、歯を守るのです。