> 歯医者

磨くこと

歯ブラシ

歯垢から歯石へ

歯周病にならないようにするためには、歯磨き粉を使った正しい歯磨きが必要不可欠。それでは、「正しい歯磨き」とは何でしょうか?
こんな問いかけから始めると、何だか難問の前で立ちすくむクイズ回答者のような気分になってしまいます。

しかし、実はそんなに難しく考えこむ必要はないのです。答えは、とってもシンプル。すなわち、「歯磨き粉を使って、口の中を隅々まで、すべての歯をしっかりと磨くこと」なのです。
当たり前すぎて拍子抜けしちゃうという人も、もしかしたらいるかもしれません。けれど、これ以上の歯磨きの方法はありません。
なぜ、歯磨き粉を使ってしっかり、すべての歯を磨かなければならないのかというと、歯周病の原因となる歯周病菌の含まれているネバネバ物質「歯垢」は、放っておくとガチガチの物質「歯石」に変わってしまうからなのです。

歯石を取る

歯磨き粉を使って歯を磨いて予防することが出来るのは、きちんとした歯磨きを習慣にしてきた人だけです。たとえば、歯垢が歯石というガチガチの、硬い物質になってしまうまで放っておいた人は、いくら歯を磨いたって同じことです。
その名の通り、歯石とは石のような性質を持った物体。その上から歯磨き粉をこすりつけたところで、石の表面を磨いているようなものなのです。

歯周病菌が含まれる物質が歯石となってしまったら、あと歯周病に対抗するための方法はひとつです。歯科クリニックに行くこと。
クリニックのお医者さんに診てもらって、「磨く」のではなく「削る」という方法で、歯周病菌を歯から取り除いてもらうしかないのです。
スケーラーという先の尖ったいかにも痛そうな器具が登場し、実際、歯と歯茎のあいだに入りこもうとしている歯石を削り取る治療は、楽ちんとは言いがたいものです。

こういうことにならないためにも、日頃から、歯磨き粉を使った「隅々までのしっかりした歯磨き」をする必要があるのです。